町家のお座敷にて、お箸と信楽焼の器でお召し上がり頂く創作フレンチレストラン

 

空間へのこだわり

観光用に作られたのではない、「人が生活や商いを営んだ本物の町家」。そんな町家がもつ穏やかな雰囲気と構造的な魅力を活かし、照明などでモダンな演出を施しました。

上質な空間でありながら堅くるしさはなく、ゆったりとおくつろぎいただける。そんなあたたかさには、まるで生まれ育った家に帰ったような安らぎすら感じていただけます。

 

 

新鮮な食材へのこだわり

美味しい料理は何よりもまず良質な食材から。 料理の随所に散りばめられる旬や地元の食材は料理へのこだわりそのものです。

勿論、新鮮なものを厳選しております。素材の魅力を引き出すo・mo・yaならではの味をお楽しみ下さい。

(写真)奈良の大和牛を使ったメインの一皿

 

手になじむ素朴な”信楽焼”

o・mo・yaでは、お食事をお箸と信楽焼の器でお召上がり頂いております。


特にうつわは素朴な表情をもつ信楽焼の作家作品を採用。より素敵なお食事の時間を思い描きながら、オーナーが自ら買い付けております。
ご来店の際はぜひ器もご覧ください。



フレンチだけにこだわらず、

和と洋の融合、カフェスタイルなどさまざまなスタイルで展開しております。

ご友人とのランチ・カフェから特別な日のディナーまで、シーンに合わせてお楽しみ下さい。