町家について

当レストランは江戸末期 築造の町家を再生しております。

建築は数寄屋造りであり、箱階段やお座敷の網代天井など伝統意匠もご覧いただけます。

当時の人々の暮らしを思い描きながら、建物も是非じっくりとお楽しみ下さい。

正面の入り口です。黄色い看板が目印です。

 

入り口をくぐると、石畳が続きます。石畳の途中では厨房の様子もご覧いただけます。


網代天井のあるお座敷です。数寄屋造りを活かしてモダンに装飾をした店内にて、ゆっくりとお食事をお楽しみいただけます。

 

個室”蔵”への廊下では庭もご覧いただけます(個室についてはお問い合わせ下さい)